読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

【ハンドボール】 関東学生ハンドボール 2016 春季リーグ 最終結果

ハンドボール

 

 4月16日に始まった関東学生ハンドボール春季リーグ(1部男子)も5月21日をもって全日程を終えました。あっという間でしたね。毎週末ハンドボールが観れるなんて夢のような期間でした。終ってしまって悲しいですが、秋が楽しみです。

 さてまずは5月21日の結果です。

  明治大 34 (17- 7, 17-19) 26 駿河
  8勝1分           1勝8敗
  法政大 29 (16-14, 13-15) 29 立教大
  2勝6敗1分           1勝7敗1分
  日本大 29 (14-18, 15-11) 29 早稲田
  5勝2敗2分           5勝3敗1分
  国士舘 27 (16-11, 11- 8) 19 東海大
  7勝1敗1分           3勝5敗1分
  筑波大 30 (15-16, 15- 8) 24 日体大
  5勝4敗            4勝5敗

 

 という形でした。順当ですね。そして昨季入れ替え戦に回った明治大学が無敗の優勝という大番狂わせを演じました。114シーズンってことは57年ぶり…法政-立教と日大-早稲田は同点での引き分けという観ていた方は疲れる試合だったようで。

 

 

 最終順位

  優 勝  明治大学     8勝1分   明治大学は、114シーズン振り4回目の優勝
  準優勝  国士舘大学    7勝1敗1分
  3位   日本大学    5勝2敗2分
  4位   早稲田大学    5勝3敗1分
  5位   筑波大学    5勝4敗
  6位   日本体育大学  4勝5敗
  7位   東海大学    3勝5敗1分
  8位   法政大学    2勝6敗1分
  9位   立教大学    1勝7敗1分   2部2位との入れ替え戦
  10位   駿河台大学    1勝8敗     2部1位との入れ替え戦

 <優秀選手>
     GK 飛知和 龍哉 (明治大)
     CP 山田 信也   (明治大)
     CP 海老原 貴史 (明治大)
     GK 小峰 大知   (国士舘
     CP 玉川 裕康   (国士舘
     CP 水町 孝太郎 (日本大)
     CP 西山 尚希   (早稲田)
 <敢闘賞>
     CP 比嘉 成希   (日体大
     CP 露久保 翔   (筑波大)
 <優秀新人賞>
     CP 伊舎堂 博武 (早稻田)
     CP 小澤 基    (日本大)
 <特別賞>
     CP 工藤 龍毅   (明治大)
     CP 工藤 大和   (国士舘
 <最優秀選手>
     CP 吉野 樹    (明治大)
 <得点王>
     CP 吉野 樹    (明治大)    95点
 

 明治は総得点が269点でそのうち吉野が95点。つまり残りの174点を5人のCPでとったとすると1人34.8点→約35点。を9日間でとったので1日あたり3.8888→4点。吉野は95点を9日間でとったので1日当たり10.5555→11点。倍以上点取るんだからそりゃすげーわ。スーパーエースの名は伊達じゃないですね。

 吉野選手はインタビューとコート上をみる限り本当に慕われているキャプテンであるので、実力があってリーダーシップも兼ね揃えたまさにエースなんだろうなぁ。一緒にプレーしてみたいなぁと思いました。

 

 

 1部の結果が出たところで次に気になるのが1部2部の入れ替え戦です。立教大、駿河台は順天堂、中央大とそれぞれ秋季の1部リーグの座をかけて戦います。2部のリーグ戦の結果をみるに立教は順天堂には勝てそうですが、駿河台と中央大はどっちが勝つか分かりませんね。それでも1年間1部で戦ってきた駿河台のメンバーの経験値は大きいと思いますので、駿河台優位でしょうか。中央大もここで1部復帰をしないと1部を経験していない部員が多くなってきますし、新入生も期待できなくなりますます差がついてしまう懸念があります。是が非でも勝ちたいでしょう。

 

 入替戦は5月28日29日です。楽しみですね。