読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

【ハンドボール】 関東インカレ 秋季リーグ開幕 東海大-立教大 国士舘大-駿河台大

 

 関東学生ハンドボール秋季リーグが開幕しましたね。春は1日しか観に行けませんでしたが、秋は行ける日は全部行こうと思います。無料で日本のトップクラスの実力を持つ学生のハンドボールが見られるなんて、すごいことですよ。

 入場料500円(パンフレット付き)にして、次回からパンフレット提示で入場料無料とかにしてもいいんじゃないのかなーとも思います。

 

 春は東海大学が初優勝を飾りましたが、初優勝のチームが出るということは、全体的に実力が拮抗しているということでもあります。秋も近年稀にみる混戦模様なのではないでしょうか。昇格組もいい選手がいますし、楽しみですね。

 

 秋季リーグ1戦目は昇格組の立教大学vs東海大学

立教大学スタメン

LW 金城義丸(3年・興南)4番
LB 下地賢志(4年・興南)8番
CB 下地利輝(1年・興南)17番
RB 磯田真吾(1年・愛知)19番
RW 長澤誠(4年・不来方)14番キャプテン
PV 田畑好晴(4年・法政二)6番
GK 嘉陽俊太(3年・興南)16番

 

東海大スタメン

LW 藤田翔平(4年・農大三)キャプテン8番
LB 佐藤立盛(2年・聖和学園)7番
CB 堤裕太(2年・神戸国際)6番
RB 小林拓真(2年・聖和学園)12番
RW 中西一眞(3年・浦和学院)15番
PV 増田涼(3年・桃山学院)4番
GK 岩下賢(4年・東海大菅生)16番

 

 立教大学は昇格組なので初観戦ですが、高校3冠時の興南組がいるのでメンバーは知っていましたが、興南出身が多いですね。321DFを敷いた時のトップDFに松川(1年・興南)も入りますし、対する東海大学もエース津波古は興南出身ですから、興南高校出身の選手は大学に入ってからも伸びる選手が多いのかもしれません。

 

 試合は、エース津波古を温存する(右肘左膝がっちがちにテーピングしていました。交通事故にでもあったの?)東海大学が速攻やセットで徐々に点差をつける展開に。立教大学も321DFや下地俊輝の個人技などで食らいつく。しかし、春優勝し地力に勝る東海大学がエースをOFで投入し、セットDFも崩させず35-25で勝利。

 

 感想。立教大学はスタメン最高がPV田畑の173という高さのないチーム。やはりセットOFで決め手を欠く部分が出てくるが、センターに入る1年下地利輝の個人技と、LBに入る4年下地賢のキレのあるプレーで得点を重ねた。下地利輝は高校生の頃より体が重くなったような印象を受けました。また、チームとしてはOF時のボール回しの中でキャッチミスが多く、連携に一抹の不安がありますが、そのあたりは試合をこなす中で改善されるでしょう。下地利輝の個人技とパスワークには期待しているので、残りの試合にも期待です。

 

 第2試合国士舘大学vs駿河台大学

国士舘大学スタメン

LW 吉田雄貴(3年・学法石川)7番
LB 名畑克浩(3年・霞ヶ浦)11番
CB 隣垣内健太(4年・川口東)キャプテン2番
RB 庄子直志(2年・不来方)15番
RW 芝野貴吉(4年・大分国際情報)4番
PV 玉川裕康(2年・浦和学院)14番
GK 木下大佑(4年・横浜創学館)12番

 

駿河台大学スタメン

LW 吉田圭佑(4年・利府)8番
LB 長束将成(4年・昭和学院)18番
CB 有賀亮哉(3年・駿台甲府)2番
RB 俣野志樹(2年・昭和学院)11番
RW 加藤哀樹(2年・浦和学院)23番
PV 大野淳吾(3年・明星)16番
GK 桑原大季(4年・駿台甲府)キャプテン21番

 

 

 春2位超大型チームの国士舘大学と昇格組の駿河台大学の1戦。駿河台大学の(マンツーマンに近い)3-3DFを国士舘大学が攻めあぐね、前半を16-16で折り返す。後半は速攻を止めて、体格差を活かした押し込むOFに変更。これがハマリ、じわじわと点差を広げる。駿河台大学も2番18番の思い切りのいいシュートで盛り上げたが、最終的に34-27と差をつけて終了。

 

 感想。国士舘は春同様リズムに乗り損ねるとOFが丁寧でなくなり、修正がきかない。また、この日は13番安倍がベンチ入りもしていなかったためベストメンバーでもなかったこともあるか。しかし、3-3DFに対し少しお粗末な対応であったことは否めないであろう。PV玉川は198cmと長身であるのだから、もう少しアンカーとしての役目を果たすべきだし、そうでないなら他のメンバーがアンカーとしてポジションを取って玉川に打たせるべきである。彼はフリースローからでも得点できるだけのシュートを持っているのだから。

 駿河台大学は2番有賀を筆頭によく走って、正統派なセットOFをしていた。DFもアグレッシブでよかったが、終盤体力切れからか少し失速してしまった感がある。また、全体的に身体が細いので、1部の当たりに負けない身体を早急に作って欲しい。

 

 続く。