読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

【読書】 『わたくし率 イン 歯ー、または世界』 はヒューズとんでる

読書

 

 読みにくいし分けわからないし読むのを止めようと思うけれど、文章の意味の分からないリズムの良さがページを捲らせる。関西弁で畳み掛ける様な饒舌は、韻律的な言葉の美しさもある。

 

 しかし短い話であり、読みにくさと難解さを紐解けば、「私とはなんぞや?」みたいなことを書いている。そしてこのぶっ飛んだタイトルに繋がるのですが、個人的にはこのタイトルは本当にいいですね。語感がいいし、興味を引くし、富んでいる。

 

 本文中に、「喧嘩したら、奥歯(つまり「わたくし」)を見せ合って、それで仲直りする」という約束というか物語を作る部分があるのですが、ここはなんだか可愛げがあってよかったです。

 

 全体的になんのこっちゃな小説ですが、ブックオフで100円だったら損はしないです。もちろん新品で買った方が作者は喜ぶでしょうが。

  

 このサイトの解説が分かりやすかったです。

我思う、つまりただそれ~『わたくし率 イン 歯ー、または世界』の解釈・感想~|mickipedia