読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

【ハンドボール】 東京都高等学校ハンドボール春季大会兼関東大会予選 感想

 

 5/4東京都府中市の明星高校体育館にて関東予選を観戦。明星高校の体育館は初めて入ったけど綺麗でいいですね。ラインも初めから引いてある(私の母校は自分たちでテープ貼ってました)し。

 

 大成高校17-21東海大菅生

 両チームとも初見ですが、ゲームを観る限り妥当な点差。菅生の左利き11番が地肩が強くハンドボールらしいステップを踏めるので、大成DFには止めるのが難しそうでした。

 

 明星高校36-16早稲田実業

 こちらも両チームとも初見ですが、ゲームを観る限り妥当な点差。明星の高い3-3DFは流石に全国で戦うだけあって、あたりの強さ・攻守の切り替えが早い。クイックリスタートが労せず決まるので取られた分はすぐ取り返せていた。また、明星はOFの押しどころが分かっているので、DFのファールを誘い数的優位を多く作った。

 早稲田実業はGKが1対1には強いがロング・ミドルが苦手か。はじめはDFの足がよく動いていたが、真ん中に寄り気味なので飛ばしパスでサイドからやられていた。

 

 明星高校22-23東海大菅生

 前の試合を観る限りは明星の楽勝かと思ったらそんなことなかった。明星RB3番は上背はないが、ハンドボールに必要な割っていける強さがある。菅生OFは半身抜いたのに止まってしまうのでゴールまでが遠い。

 言い方悪いけれど、この菅生に勝てないのでは明星も関東で1勝が怪しい。

 前半明星12-9菅生で折り返すが、後半10分頃から菅生GKに悉く止められ明星の流れが悪くなる。明星は12番GKをさっさと代えればいいのに、最後まで代えずで最後まで止められず。1番のGKの方がいい動きしてるしスローもよかったと思うのだけど…これは監督のせい。

 明星は2番の個人技などで追撃するが、1歩及ばず。試合が30分ハーフだったらまた違っていたかもしれないが、ともあれ東海大菅生には決勝も頑張ってもらいたい。

 (5/7追記:東海大菅生は決勝でぼろ負け。まあそうでしょう)

 先日観た神奈川の法政二高や横浜創学館と試合したら明星も菅生もボッコボコにされそう。そうっていうか確実にされる。それくらい体格的にも能力的にも差は歴然。しかし小中学レベルから底上げをし、東京都にも頑張ってもらいたいです。関東学生リーグで活躍する明星高校とか国分寺高校の学生もいますしね。

 

 高校生の試合は技術的には未熟でも、気持ちで変わる部分がたくさんあるのでおもしろかったです。