読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

【ハンドボール】 関東学生ハンドボール 2016 春季リーグ 4/16(1日目) 東海vs法政 

 

 関東学生ハンドボール春季リーグ1日目感想続き。

 

 東海vs法政

東海は字が汚くてメモが読めず。

22番藤原11番堤13番中村15番中西1番小林とかが出ていました。

 

法政スタメン

LW:20番高間3年

LB:31番山本1年

CB:23番福本2年

RB:6番石川4年

RW:11番立野4年 

PV:3番長谷川4年

GK:21番柿崎4年

 

 昨年素晴らしい個人技で観客を魅了しただけでなく春季リーグで初優勝を飾った東海大学(秋季は3位)をオフェンス面で引っ張った津波古選手が卒業、今期は佐藤堤小林というバックプレーヤー3年生トリオが魅せてくれるかと思っていたのですが、佐藤も小林も欠場のよう…それでも運動量の多いDFとスピード感のあるOFが楽しみでした。

 一方法政は昨年度は8位7位と苦しい結果でした。個人的にLB7番遠藤選手を同郷なので応援していたのですが卒業してしまい、今シーズンは20番高間をLBに据えて戦っていくのかと思っていました。

 

 1年山本がLBでスタメン。OFも個人技をみせたが、DFも3枚目をきっちりと守っていた。GK柿崎がこの日は大当たりで、東海OF陣の苦しい人材事情以上の仕事をしました。

 東海は初め高いDFで法政OFを封じていたが、法政GK柿崎の守りに阻まれ波に乗れなかったか。東海はセットOFでも小柄でスピードを活かした攻撃をし、掴まれてもシュートまでいける気合がありました。

 

 後半に入ると益々法政が波に乗り、山本に代わって松岡がプレーしますが、こちらもその能力の高さをうかがわせるプレーをしていました。

 

 総評

 法政は1年生に山本祐輝(浦和学院)松岡寛尚(藤代紫水)山本晃大(雄城台)など有望な選手が加入しました。特に山本はLBでスタメンを張り、DFでも3枚目をこなしました。まだ体格差や詰めの甘い部分もありますが法政に不可欠な選手として活躍しそうです。OFDFでプレーできる選手が多いほど切り替えも早くなりゲーム展開が速くなり面白みが増すので、攻守両面について頑張って欲しいです。

 法政は23番福本がCBを担っていたが、シュートを狙うプレーが少なすぎると思う。もっと得点を意識したプレーをして、時には無理にでも前を割らないと恐くない。展開次第では、松岡CB山本LBでもおもしろいのではないだろうか。高間は目を見張るようなシュートをしたかと思うとループですかしたりと昨年同様むらっけがあるよう。身体能力は高いので、安定して得点をしてほしい。法政は昨年のPVキャプテンもそうだったが、ワンハンドキャッチをみせる。非常にいいと思うので磨いてもらいたい。

 東海は先制し3-3DFから自分たちのペースにしたかったが法政柿崎に拒まれた。津波古佐藤という得点をとれるプレーヤーが欠け、速攻とサイドシュートで得点をとれず前半一桁得点という惨状。後半は幾分持ち直したが、最後まで柿崎が立ちふさがった。東海は隣の駅なのでなんとなく応援しているので、マジ頑張って欲しい。