読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

【読書】 海辺のカフカ 図書館でセックス 

 

 村上春樹の作品の中でも好きな人の多い作品、『海辺のカフカ』を再購入・再読しました。誰かに貸したまま紛失するということがしばしばあり、読みたくなったら買い直すということをよくしています……勿体ないような気もするけど、そういうもんでしょう。

 

 話としては「ご都合主義もここに極まり!」って内容で、世界一タフ(笑)な15歳になるとかならないとかちゃんちゃらオカシイ話です。そしてやはり色々なところで射精します。手コキだったりセックスだったり、熟女だったり少女だったり……

 

 場面がけっこう飛ぶのですが、特別難解ということはありません。戦争のころとか、あちらの世界とか、実の母だという仮説だとか、様々な場面で「今・この現実」以外のシーンを余儀なくされます。過去に縛られ生きるだとか、呪いを受け継ぐだとか、村上春樹らしい(以前にも取り扱われた)テーマも見ることができます。

 

 しかしね、本の感想でつらつらと長いものを書く人がいますが本当に尊敬します。私が何も考えてない+読み込んでない+メモとかとらないで娯楽の一つとしか見てないのが原因だとも思いますが、そんなに書くことないんですよね。突き詰めれば、面白かった/面白くなかったの2択ですからね。どうしようもない。

 

 面白くないわけではないけど、1番にはならない作品ですねぇ。主人公に共感・移入できないってのが一番の理由だとは思います。でも、ナカタさん好きって人はよく聴くし、ネコもいつもに増してよく出てくるので、そういう意味ではオススメ。