読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

【ハンドボール】 アジア選手権 日本vsカタール 感想

 

 20日22時からカタール戦がありました。世界選手権2位のカタール。正直厳しいっていうか、勝てないだろうとは思っていました。しかし、思っていたよりもやれていたし、もっとやれたとも思いました。個人でもチームでも、もっとやれそうという期待を観てる側にさせてくれる、そういう意味でもいいゲームだったのではないでしょうか。

 

 試合終盤の後半23分2点差に詰めた後のOF、東江がボールをロストしたあとカタールは速攻にいきませんでした。左半面で押していって、最後にRWの選手でフィニッシュすれば得点の可能性がある場面です。点差と時間を考え、セットでも点が取れているので無理はしない。その後のセットOFで単純なクロスから日本DFがボールに大きくよりチェンジミスからスペースが生まれドフリーになった選手に通して得点しています。大きな舞台での経験値の差みたいなものが今回の最終的な得点差なんじゃないのかなと思いました。

 

このマンツーはすぐといてた。

銘苅が韓国戦よりも積極的にシュートにいってたイメージ。

 

 

前回に続きこの試合でも数的優位を活かせない日本。思い切ってダブルポストにしよう(提案)!

ここまであまり出番の無かった久保が今日は当たっている。

 

 

後半2回2点差に詰め寄った場面がありましたが、1点差にはなりませんでした。世界の壁は厚い。健闘したけど、勝負の世界なのでやはり勝たないと世間は注目しません。しかし、今回のアジア選手権を観ている国内ハンドボーラ―にはよい刺激となったのではないでしょうか。関東学生リーグの学生が2人も大活躍しているし、高校生大学生には是非世界を視野に入れてハンドボールをして欲しいと思います。

 

信太は1度もコートに立っていない?怪我?