読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

【ハンドボール】インターハイ ハンドボール 桃山学院vs不来方

 

動画リンク

前半(桃山学院(大阪)VS不来方(岩手)・前半① - YouTube

後半(桃山学院(大阪)VS不来方(岩手)・後半① - YouTube

延長(桃山学院(大阪)VS不来方(岩手)・延長 - YouTube

 

 1回戦屈指の好カード。選手がどう思っているか分からないけど、不来方の緑の縞模様のユニフォームは少々ダサい…

 試合は桃山学院が3-2-1DFから速攻で連取し、流れを掴むかと思われたが、不来方もPTとカットインで不来方2-3桃山学院と流れを渡さない。東北の強豪らしく落ち着いたプレーで前半6分には逆転とする。前半18分7-7の同点と、ロースコアの展開。不来方は現国士舘大学の安倍選手がいたチームの印象が強いのでなんともスケールダウンは否めないが、全員が視野を広く持とうとし動いている印象。やや消極的か。前半22分不来方12-9桃山学院、前半終了13-11で不来方リードで折り返す。

 後半両チームとも足が良く動く。後半10分不来方18-15桃山学院。食らいつく桃山学院が後半24分23-21と追い上げる。追い上げムードも味方し同点、その後延長戦へ。一進一退の攻防が続き、不来方のRBにマンツーマンを付けるなど逆転し、そのまま試合終了。

 試合全体を通してラインクロスやキャッチミスなどイージーなミスが散見され、ゲームに締りがなかった。ルール上問題ないが、桃山学院はOFDFで選手が変わる(センターとLB)際ゲームの展開がどうしても遅くなり、テンポが良くも悪くも一定になったり変わったりしてしまう。もう少し早く切り替えを。パスをもらう選手がもらう前ともらった瞬間にシュートを打つことを意識していたら、もっと点につながるプレーがたくさん生まれていたと思う。

 粗削りだが、よく動き一生懸命プレーしていて好感の持てる試合でした。