読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

踊ってばかりの国

 

 「話はない」(https://www.youtube.com/watch?v=WO9ARlM-Exw)で知って、「東京」(https://www.youtube.com/watch?v=__gLp_GImtA)で惚れてしまったバンド、「踊ってばかりの国」(http://odottebakarinokuni.com/)。

 バンド名のごとく、ライブバンドのようで、酔っぱらった状態でライブを楽しんだりするようだ。わたしは残念ながらライブに行ったことがないので良く知らないが、あまりシャカシャカしていないどことなく今風でない音を出すバンドである。ギターもベースもあまり自己主張の強いパフォーマンスをしないところも(https://www.youtube.com/watch?v=uaVOGpAdY_o)好印象。でも演奏はうまい。歌もなかなか。

 

 どのバンドにだってそのバンドの世界観が当然あって、バンドが出す音だったり歌詞だったり、ボーカルの声質だったり、コーラスの高さだったりでそれを作り上げていくのだけど、世界観がどれだけ独特であるかがそのバンドの良し悪しとレーゾンデートルを決めるのだと思う。そしてこのバンドには確固としたそれがあると私には思われる。

 音楽の好き嫌いなんて究極的には聴く人の感性だからどうしようもない部分はあるけれど、聴いたことが無い人にはぜひ一度聴いて欲しい。

 

 

広告を非表示にする