読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

necozeneco その3

音楽

 

 去る3月22日八王子パパビートでライブに参加してきた。どうもライブというと「参加」と書いてしまうけれど、きっと観客がステージを盛り上げる面が多分にあるから「参加」とか「参戦」とかいうのだろう。けれども今回に至っては、端から席にふんぞり返って結果尾てい骨を痛めていただけなので、ライブに「行って」きたというところだ。

 

 さて、以前も書いたことがある 「 necozeneco  (http://necozeneco.jimdo.com/) 」が出演するから他のバンドは知らないけれども家から近いしいっちょ行ってみるかと行ってきた次第である。

 

 では感想。

 

 実は初めてバンドとしてちゃんと聞くのだけど、ライブもとてもよかった。演奏も楽しそうだったし、曲もばっちり知ってるものだった。まさるさんの声は柔らかくよく透るから、心地よい。そしてまさるさん意外と激しい。もう少し大人しいか、全員が同じテンションを共有してもいいんじゃないだろうかと思われる位1人元気だった。

 曲を紹介するときのここでは書けないような恥ずかしい感じも、necozenecoの曲に含まれる優しさなんだと思う。「水遊び」が始まる前に何かすてきなことを言っていたけど、すっかり忘れてしまった。それでも、CDで聴くよりも、『プールサイドで水遊び 海のさざ波を想像している 』 って部分は情景がくっきりとしたね。生演奏はやっぱり違う。

 そんなことよりも。そんなことよりも、楽器をセットしているとき見た彼らはメガネメガネメガネノーメガネだった。「meganenecoだ…」としか思えなかった。

 

 necozenecoの次の曲はメガネだと思う。そんくらいメガネ。

 

 素敵なバンドです。ほどよい感じがゆらゆらしてる。

 

 

 

 

広告を非表示にする