読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

氷見高校の安平

 

 安平と窪田すっげーな。とくに安平の視野の広さと肩周りの柔らかさ。兄もすげーけど弟これは楽しみな選手だわ。見てて面白いし。

 

 

www.youtube.com

 

まだ全部観てないけど。イヤ、ホントすごいよ。

 

 

【雑記】JAL安全啓発センター見学の感想

 

先日仕事の関係でJAL安全啓発センターに見学をしてきました。備忘録的メモです。

 

公式HPからの抜粋ですが、以下のような経緯で立ち上がった施設です。

 

1985年8月12日、JAL123便が御巣鷹の尾根に墜落し、520名の尊い命が失われてしまいました。その事故の悲惨さ、ご遺族の苦しみや悲しみ、社会に与えた航空安全に対する不信の前で、私たちは二度と事故を起こさないと誓いました。
事故の教訓を風化させてはならないという思いと、安全運航の重要性を再確認する場として、私たちは安全啓発センターを2006年4月24日に開設しました。

JALグループでは、この安全啓発センターを「安全の礎」とし、すべてのグループ社員がお客さまの尊い命と財産をお預かりしている重みを忘れることなく、社会に信頼いただける安全な運航を提供していくための原点としていきます。

**************************************************

JA8119 御巣鷹山事故(123便事故)

JAL123便JA8119号機は、1985年8月12日、乗客509名、乗員15名が搭乗して、18時12分大阪(伊丹)空港に向け羽田空港を離陸しました。
巡航高度24,000フィート(7,315メートル)に到達する直前、伊豆半島東岸に差しかかる18時24分35秒、同機に「ドーン」という音と共に飛行の継続に重大な影響を及ぼす異常事態が発生しました。
機体後部圧力隔壁が破壊して、客室内与圧空気が機体尾部に噴出し、APU(補助動力装置)及び機体後部を脱落させ、垂直尾翼の相当部分を破壊し、それに伴い動翼を動かす油圧装置が全て不作動となりました。
以後、同機は激しい上下・蛇行運動を繰り返しながら約32分間飛行を続けましたが、18時56分頃群馬県多野郡上野村の山中(標高1,565メートル、御巣鷹山南方の尾根)に墜落しました。
本事故の原因は、同機が事故の7年前(1978年)大阪空港着陸時に起こした尾部接触事故の修理に際し、ボーイング社により行なわれた後部圧力隔壁の上下接続作業の不具合にあり、7年間の飛行でその部分に多数の微小疲労亀裂が発生、次第に伸長し、この飛行で隔壁前後の差圧が大きくなった時点で亀裂同士が繋がり一気に破壊が進み、2ないし3平方メートルの開口部ができたものと推定されています。
運輸省航空事故調査報告書要約)
捜査・救難活動は事故後ただちに開始されましたが、人里離れた山中でもあり、墜落場所の確定も遅れ救難隊の現地到着は翌朝となりました。乗客、乗員524名のうち520名の方が亡くなられ、4名の方が重傷を負われながらも救出されました。

**********************************

 

事故の概要から実際の飛行経路やブラックボックスの音声、事故の原因となった修理ミスについて、事故機の残骸の各部の説明、様々な角度から123便がなぜ墜落したのかの説明がある。研修時間は約1時間20分で、その大半がここら辺で費やされる。

最後15分程自由に展示を見ることができたが、ぜんぜん時間が足りなかった。見学をしたJAL社員の決意の言葉や、資料室をみて、もういちど部品をみて、というわけには行かず残念。

 

 

感想。

これは社員や会社が事故の記憶を風化させないために遺族の声もあって作った施設だ、ということでした。

機体の仕組みやら、当時修理がどのように行われていたかや、墜落までの状態、事故後の改善点なんかは非常によくまとめられてて説明も確かにわかりやすかった。だが、じゃあこの事故からこういう安全に対する取り組みを行っています、今はこういう状態です、といった事故から学び現在どう取り組んでいるのかという部分がなくて残念。

 

人間は間違いをおこすもの、っていうことを前提に、どうやったらそれを防ぐことができるのか、あの事故から何を学んだのか、もっと普遍的なことを私は聞きたかった。

「命が第一。安全が第一。お客様を無事に目的地に届けることが第一。」こういう言葉を繰り返すだけでは、本当に大事なことは伝わらないんじゃないかな。

 

とはいっても、(平日限定ではあるが)無料で一般開放して、懇切丁寧な説明までしてくれるのだから、そういう点では立派だと思います。案内の方が言っていた3現主義(現場、現実、現物)、2.5人称の視点なんかにもっと説明があればなおよかったんだけど。。。

 

最後に安全憲章を。

 

安全運航は、JALグループの存立基盤であり、社会的責務です。
JALグループは安全確保の使命を果たすため、経営の強い意志と社員一人一人の自らの役割と責任の自覚のもと、知識と能力の限りを尽くして、一便一便の運航を確実に遂行していきます。

そのために私たちは以下のとおり行動します。

規則を遵守し、基本に忠実に業務を遂行します。
推測に頼らず、必ず確認をします。
情報は漏れなく直ちに正確に伝え、透明性を確保します。
問題、課題に迅速かつ的確に対応します。
常に問題意識を持ち、必要な変革に果敢に挑戦します。
「安全憲章」は一枚のカードにして、JALグループの全社員に配布しています。

 

 

【雑記】ITパスポート【資格試験】

 

久し振りの更新なのにハンドボールのことではありません。

仕事がクッソ忙しく、ぐうの音も出ない程です。そんな中資格試験を受けてきました。

 

受けた資格は「ITパスポート」です。このご時世パソコンのパの字も分からないというようではどんな業界にしても生きていくのは難しいと思います。私はそういう人間ではありませんよ、と証明するのがこの資格です。MOSExcelやwordを持っている方が実務的には使えるでしょうが、持っているとITに関して最低限のラインで常識がありますと胸を張れるでしょう。

文系の就活生なんかは持っているといいかもしれませんね。まぁはっきり言って今の私には全く必要のない資格です。が、仕事の評定に関わるために受けました。

 

試験概要

  • 試験は紙ではなくCBTと呼ばれるコンピューターで4択問題に回答する試験になります。
  • 120分、2時間の試験です。(きちんと勉強した人ほど余ります)
  • 全部で100問です。ストラテジー、マネジメント、テクノロジーの分野があります。
  • 合格点は60%以上の得点率で合格
  • 合格率は40~50%で合格のよう

結果

 総合点675 

 ストラテジ:650 マネジメント:775 テクノロジ:580

 

合格さえすれば点数はどうでもいいというやる気のなさだったので、目論見通り。ある程度理解すれば、あとは本番に問題じっくり読んで考えれば答えが絞れる問題落とさなければいけると踏んだので以下のような取り組みになりました。

ちなみに私は一般企業の普通免許しかもたないしがない事務職です。

 

総勉強時間:約15時間

勉強期間 :4か月

独学

 使用参考書 下記2冊 

  

 

柏木先生を理解せずに2週ほど読み、過去問集でH28春期を2回、H27春期を2回、H26秋季を1回を空き時間などにダラダラやりました。あとはスマホの無料アプリを隙間時間に少々。

このほかに役立ったと思うものは、以前趣味で読んだ以下の本です。 

1週間で CCNAの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

1週間で CCNAの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

 

 

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成28年度

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成28年度

 

 です。どちらも理解していませんが、目で追って満足したものですが、IT、PC関連知識の基礎を得るうえで役にたったと思います。

 

暗記すればだれでもとれるものだと思います。東京神奈川では毎週どこかの会場でやっていますので受けやすいですが、受けやすいがために試験に申し込むのが先送りしがちです。

 

来年度もなにかしら取得しなければならないので、頑張ります。

 

 

 

 

【漫画】徒然チルドレン 若林稔弥 

 

 久し振りの更新です。元気に風邪を引いたり仕事をしたりしていました。

 

 さて漫画を買ったのでその感想。

 『徒然チルドレン』 若林稔弥 

 

 めくるめく青春。甘酸っぱいのと切ないのと赤面が合わさってにやにやにやにやにやが止まらない漫画です。高校生活ってこうでなきゃって感じです。こんなご都合的に行かないでしょうけど、こんな風に女子と絡めていたら、きっととても充実した高校生活なんだろうなぁとオッサンになった今思います。

 

 個人的には皆川・古屋組と砂川・戸田組が大好物なので、この人らが出てきたときは嬉しいです。それにしても主人公であろう高野・菅原はいつくっつくんだろうか。高野さんが自分の恋心に気づいたり菅原君が勇気を出したりするのはもう見たから、さっさと幸せになって欲しいんだが…

 あとは生徒会長と梶さんが嬉しはずかしの初体験を済ませてくれればもう思い残すことはないよ。おもしろいと思えるうちに、この子たちはどういう体験をしていくんだろうって思えるうちに、終わらせてほしい。

 

不満といえば、6巻までしかよんでないんですけど、男キャラの書き分けがちょっと弱い。

 

 

 

 

【ハンドボール】 2017年関東学生ハンドボール春季リーグ (勝手に)展望 その4

 

日本体育大学

佐藤大橋といった4年生が抜けるが、新4年生3年生がえらい多い日体大。中でも屋比久安平利光川上中田あたりが主力といったところだろうか。また、大谷とか入谷とか左利きの層が厚いのも他校からすれば羨ましい点。2016年春秋は2015年と比べるとガクッとイメージダウンした年でもあったので、巻き返したいところ。

多くの選手が出て誰がどのポジションに入るのかイマイチ掴めないので分かる部分だけで済ますと、

LW中村LB??CB??RB屋比久RW安平PV川上GK友兼 とかでしょうか。怪我をせずにコンスタントに安平選手が活躍してくれることを願います。

 

 

 

 

法政大学

上級生には申し訳ないけれど、なんといっても1年生の松岡、山本祐輝、山本晃大、本田らがチームを牽引した1年間でした。GK柿崎が抜ける穴は小さくないが、仲村深井と高校時代から経験を積んでいるGKが交代で出ていたのである程度見積もれるのは大きい。また、大きく成長した内門(2017年キャプテン?)やムラッ気があるが身体能力の高い高間アミンなどチームとしてまとまれれば入替戦回避はもちろんのこと中位上位も見えてくるはず。

LW高間LB山本晃・祐CB松岡RB内門RW本田PV?GK仲村 って感じですかね。

山本祐輝がDFでは外せませんが、OFはテクニカルミスが散見(特に春)されたのでそのあたり修正して両面で出れると松岡の負担がへるかなぁと思います。

 

 

www.youtube.com

【ハンドボール】大同特殊鋼に追加登録選手

 

3人の選手が大同特殊鋼に追加登録されました。

 

No.15 原田一沙(大同大) 

No.23 瀧澤尚也(明治大)

No.25 吉田雄貴(国士館大)

 

大同大の原田は世代別でも活躍した選手で、関東学生屈指のセンター田中(筑波大)にも引けを取らない選手です。身長が非常に小さいのですが、軸の強さがありミスも少ない良い選手です。

 

明治の瀧澤はリーグではDFの2枚目で出場することが多かった選手です。あまりよくプレーを覚えていません。ごめんなさい。

 

国士舘のLW吉田(学法石川国士舘大学)はLBで出ていたこともあり、非常に良く動くタイプのサイドプレーヤーです。回り込んで上から打つシュートも威力がありますし、速攻では押すところをわかっている頼れるサイドです。

www.youtube.com

こちらの動画の14:52あたりからシュートフェイントからスピンしてループシュートとみせています。ちなみに明治の瀧澤選手もDFで出ています。2枚目を守っています。

 

 

www.youtube.com

こちらの動画では原田選手と吉田選手が活躍しています。

 

今年は多くの選手が日本リーグに挑戦しますね。活躍が楽しみです。

 

 

 

 

【ハンドボール】 西出克己 金沢市立工業高校→日体大→トヨタ自動車東日本

 

 日本体育大学の長身GK西出選手がトヨタ自動車東日本に入団するようです。

西出選手は多くの世代別代表での出場権があり、190cmの長身を活かしたキーピングをする選手です。同じ日体大の友兼選手の出場時間が長い時期もありましたが、ダイナミックな飛び出しなど積極的なキーピングをみせるようになりました。線が細いところがありますので、身体づくりが上手くいけばフル代表も狙える存在だと思います。

 

この動画の12番GKの選手です。

 

www.youtube.com

 

腰を落として手を伸ばすスタイルをとりますが、個人的にはこのスタイルは捨てた方がいいような気がしますねー。動きにくそうだし。

 

なんにせよ大型GKは貴重ですし、次世代のGKも必要なので頑張って欲しいです。