読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6畳1間のあめ

ハンドボールとか音楽とか雑記とか。

【ハンドボール】2017年関東学生春季リーグ 3日目

 

3日目は途中から観戦。初明治大学和泉キャンパスでした。

では結果から。

 

 明治大 29 (13-13, 16-14) 27 国士舘
 3勝            1勝1敗1分
 日本大 29 (11- 9, 18-13) 22 立教大
 3勝            3敗
 筑波大 29 (14- 9, 15- 7) 16 東海大
 2勝1分            3敗
 中央大 38 (18- 8, 20-20) 28 早稲田
 2勝1敗            1勝2敗
 日体大 24 (11-11, 13-13) 24 法政大
 1敗2分            1敗2分

 

 

中央ー早稲田の前半途中から観戦しましたが、既に差が開いておりました。伊舎堂はあまり他の選手と上手くいっていないのか?ゲームに対する熱量みたいなものに、他の選手との差を感じました。

後半差を埋めるために早稲田は早い攻めを多用したが、点を取るたび「しっかり守って!守って差を縮めよう」とキャプテン西山が鼓舞していたのが印象的でした。小畠山崎が考えて動けるプレーヤーになれれば、もう少し勝てるチームに成ると思うのだけど、今期は厳しいか。三輪は高確率でシュートを決めるし、バリエーションも多く早稲田に欠かせない選手になった。初めは小さすぎてダメだと思ったけど、補って余りある。

中央は控えの選手を試すいい機会になった。2番手3番手の選手や、来季以降のCBをしっかり育てていかないといけない。控えの選手も試合経験を積めば活躍できそうな選手がいる。

 

法政-日体大は最後の最後までおもしろいゲームでした。

法政GK12番深井、日体GK16番友兼が出足から好セーブをみせ両チーム流れを引き寄せられず。前半はロースコアの同点で終了。

後半18分頃、法政LW高間アミンが屋比久に対し後ろからファールでレッドの退場。ここで試合の流れが一気に日体に傾くかと思いきや、代わって出た田島やRB本田などの活躍で3点差ほどで食らいつく。

後半25分法政が7人攻撃のオプションでベンチから内門がコートに入り、サイドに落とすもこの攻撃を失敗。しかしすぐ次の日体のOFをパスカットし法政が速攻を決める。後半27分53秒24-23と日体1点リードの場面でPTに。これを法政GK21番仲村がファインセーブし、次のOFにつなぐ。しかし折角つないだOFも、晃大のシュートが防がれ万事休すかと思われたが、この日大いに会場を沸かせたGK陣の1人、法政GK中村がこの日体の速攻をまたもセーブ。そして29分に祐輝がミドルを沈め24-24と勝ちを拾える同点弾とした。

29分22秒日体TOをとり、OFの確認。40秒近くあるため法政OFがあと1ターンあることを考えると勝つためにはどうしても得点したい場面だが、康本のミドルは枠外に。そして法政がTOをとり、最後のOFに。ボールを回しフェイントから山本祐輝がミドルを放つも、こちらも枠外。大歓声とため息の中ラスト3秒で日体が速攻に出る。シュートまで持ち込むも、コレはブザーのあととなり、24-24の同点で試合終了となった。

 

手に汗握る面白いゲームでした。法政はいい雰囲気で試合が出来ているので、次戦日大では勝ちをもぎ取って欲しい。

日体は総得点が少ないことからも速攻クイックの決定力不足か。9mまではクロスとドリブルで持ち込めているので、最後のパスとシュートの判断が問題か。いい選手はいっぱいいるので頑張って欲しい。

 

 

【ハンドボール】2017年関東学生春期リーグ 2日目

 

2日目がありました。今日もおもしろい試合が多かったです。

 

国士舘 24 (13-16, 11- 8) 24 日体大
1勝1分           1敗1分

法政大 34 (16-20, 18-14) 34 筑波大
1敗1分           1勝1分
明治大 25 (13-10, 12-13) 23 立教大
2勝              2敗

中央大 36 (18-15, 18-18) 33 東海大
1勝1敗           2敗
日本大 28 (11-11, 17-12) 23 早稲田
2勝              1勝1敗

 

国士舘-日体大

日体大はこの日も友兼が大当り。国士舘日体大のsetDFを崩せず、苦しいシュートを友兼にシャットアウトされていた。後半に入り日体大のシュートが枠を捕らえられず逆転。その後両チーム波にのれず一進一退となるが、国士舘先行で試合が進んでいく。日体大は決めてがなく苦しい時間帯となるも、今季日体大を牽引する安平が2連取で追いすがる。
残り23秒24-23と国士舘リードでさらに国士舘OF。タイムアウトまで使い勝ちを取りにいったのに日体大のプレッシャーからパスミスとなり、これを日体大が速攻に持ち込んで24―24の同点で試合終了。国士舘は悔しい引き分け、日体大は次につながる引き分けとなった。
 日体大の康本と大谷は判断力技術力と1年時からあまり成長が見られない。1対1に行く場面とパスを裁く面の判断や、プレーの流れを読む力が必要だと思う。いっそ安平をセンターに据えて入谷と屋比久を使うべきなんじゃないかなぁ。DFには康本が3枚目の必要があるけど、利光とかを育てた方が最終的に都合よさそう。

 国士舘に対してははジャッジが厳しいように感じられた。安倍のミドルロングがイマイチだと、全体的にゲームにのれないように思う。庄司もいないし。以前よりもベンチメンバーが出る機会が増えているので、多くの選手が活躍することを願う。

 

筑波-法政は面白いゲーム。入りを見ると筑波セットDFが厚く、1対1で力負けする法政OFは崩せず苦戦、DFでも同様かと思ったのだが、法政フローター陣が上手く間合いを取ってOFを展開した。筑波は点差が開いた時点でBチーム?CB山田PV山口等を投入。後半8分には筑波26-19法政と点差が付くが、法政は14分に松岡山本晃大を投入。GK中村のセーブもあり27-25と差を詰める。法政はこの日38番本田をRBで起用、19分にはミドルを決め28-28とゲームを振り出しに戻した。

26分50秒法政松岡が2分間退場中二34-31と3点差がついてしまうが、28分50秒山本祐輝がミドルを沈め筑波34-33法政とし、筑波がタイムアウト。明けのセットOFを筑波10番堀がサイドシュートを大きく外してしまう。最後のOF時間を与えられた法政は、キャプテン内門が鋭いフェイントからカットインを決め34-34と同点にして試合終了。

筑波は前日がよすぎたせいか、気が緩んだか。GK坂井も悪くはなかったが、ビックセーブ大量とならず。日体友兼や中央山崎などのようにファインセーブを増やしチームに勢いをもたらすセーブをしたい。

法政は山本祐輝山本晃大柿崎本田が頑張った。祐輝晃大のミドルは昨年以上に法政の立派な武器となっているし、OFが展開できるようになった。

 

以下メモを取らずで雑感。

 

立教-明治は明治リードで試合が進むも、昨日とは打って変わって立教が踏ん張り、一時同点に追いつくなど気合をみせた。最期まで苦しめたが、大事なところでチャージング等ミスがあり、引き分けに持ち込めず。

 

中央‐東海は両チーム波のある展開に。北詰のミドルロングはあまり目立たなかったが、中野のパスシュートや森田のサイドシュート、GK山崎のセーブが光った。東海は昨日よりもずっとよいできに。声はイマイチだったが昨日よりも走ることと速攻で押す時は押せたように思う。また、苦しい時間に22番田村がミドルを決め、得点力不足に無くチームを救った。キャプテン堤が応援席にはいたがベンチ入りできていないため、佐藤の良さが活かしきれず東海大は苦しい戦いが続きそう。

日大早稲田戦は帰宅したため見れず。しかし予想通り日大の勝ち。小澤は怪我か?

 

3日目は少し間が空いて23日日曜日に。1週間でブラッシュアップして、良いゲームをみせて欲しいと思います。

 

 

 

 

【ハンドボール】2017年関東学生春期リーグ 1日目

 

 待ちに待った学生リーグが開幕しました。10時30分から試合開始を何を思ったか9時開始と勘違いし、9時前に体育館に着きました。コンビニでコーヒーを買い、お花見をして時間を潰しました。さて、早速1日目の結果から。

 

早稲田(1勝)28-22東海大(1敗)

国士舘(1勝)26-25中央大(1敗)

日本大(1勝)29-26日体大(1敗)

明治大(1勝)26-25法政大(1敗)

筑波大(1勝)35-19立教大(1敗)

 

 前評判通りの結果といったところでしょうか。雑感としては初日ということもあり本来の力が出ていない選手やプレーが散見され、まだまだこれからだなぁといったところです。

 では1試合ずつ感想を。

 早稲田-東海は早稲田がノーポストでセットオフェンスを組むという作戦で驚かされました。PVに入る松本がベンチにはいたのに実際に試合に出ていたのは13番四十宮でしたので、松本が怪我?のための作戦だったのかもしれません。小畠西山山崎伊舎堂といるならPVなしもありだなぁという感じです。

 さらに早稲田は伊舎堂が復帰しており良かったです。プレーとしては無理打ちが減ったというかアグレッシブさが薄れた気がします。早稲田はゲーム全体を通してすごく良かったという気は全くしませんでした。シュートミスが多かったですし、判断に迷っているシーンもありました。

 東海はこの日堤がおらず非常に残念でしたし、内容はもっと残念でした。酷かったです。走れない走らない大切な場面で決められない。パスが回らないから佐藤が打てないしRB村田は中に入るプレーばかりする。與那嶺はシュート決められないしPVにはいってたやつは下手だし。ミスの後やDFは全然声が出てないし、ムードよくやろうという気概が感じられませんでした。次戦には声出す、走るところは走る、押すところは力押しすることなど、改善されていることを期待します。

 ちなみにこの試合はジャッジが酷かったです。

 

 国士舘-中央は本日のメインイベントに相応しい内容でした。両GKが当たっており、特に中央の12番山崎はよく当たっており、ゲームを締めました。前半を中央5点リードで折り返し、後半26分に同点になるまで中央のリードで一貫して進んでいたのに最後に逆転を許してしまうあたりが中央がまだ1部に慣れ切っていない点でしょうか。中央は北詰中野は当然にして、PV29番寺島とRW4番名富が非常に良かったです。チームとしてバランスよく得点していましたし、雰囲気も良かった。

 国士舘はLWで田里がスタートだったのに10分くらいで捻挫して退場でした。がっかりです。庄司もおらずでしたが、RWに入った13番とDF専の18番は頑張っておりました。玉川安倍はもっとできたはず。GKはふたりとも上出来。

 

 日大-日体は日体がどこまで復活しているかを楽しみにしていました。負けはしましたが、去年ほど酷い仕上がりではなかったです。速攻の精度やパスミス退場者など問題は多かったですが、勢いづけば脅威になるスピードは戻っていました。各プレーヤーの意志統一ができて、ミスを減らすことで勝ちに繋げられると思います。

 想像より完成度が高かったのが日大。小澤不在でしたが、GK濱田を中心に誰が出ても守れるDFに、どこからでも点が取れるOF。懸念していたPVも22番川崎はいい働きをしていました。キャプテン田中はかなり警戒されており普段の9mの中の強さは防がれていましたが、しっかりと声を出しチームを牽引していたと思います。勿体ないプレーもありましたが、初日だからで大目に見れる程度でした。

 

 明治-法政は法政が勝つと思ったら最後の最後で逆転されがっかりでした。アミンは不調の時はもっと早目に変えるべきでしょう。悪いところが目立つのが常ですが、最も驚いたのがCBに入る福本が非常に成長していた点です。ステップシュートと割っていくプレーが増えパスパターンが増えていました。松岡の影響かと思いますが、昨年はパスを右から左に流すだけの印象でしたので、今年は楽しみです。山本祐輝晃大に加え、下條のDFがよくなっており、さらにPVとしても悪くなかったです。代わりに入る斎藤も(久し振りに見ました)悪くなかったです。多くの選手が出た割にチームとしての完成度がそこそこあり、今季は期待できそうです。

 明治は概ね予想通り。LB服部を今季我慢して使えれば、シュートはいいものを持っているので、秋には十分通用しそう。またGK16番服部はよく止めていたので、期待できます。この日は門間があまり調子がよくなかったですが、宮崎がのっていました。上級生になり責任感が芽生えたのかな。

 

 立教-筑波はもう予想通りすぎて。戦力に差がありすぎて評価しにくいですが、今季の筑波は優勝を狙えそうです。徳田がフル代表の合宿で抜けたりする分を上手く埋める必要がありそうですが、控えも豪華なメンバーが揃っているので大丈夫でしょう。GK坂井は派手さはありませんが、高いレベルで安定していました。

 立教は勝ちを度外視して、LB山本千尋CB下地RB磯田(関根)RW昆PV小川か玻座真で固定して個人のレベルアップを図るべきか。ちょっと厳しそう。

 

 さて1日目を終えた段階では筑波中央が充実か。ついで日大国士舘、法政日体早稲田とその日のメンバーと雰囲気で上下して、東海立教が厳しい感じ。東海はPV絡めてパスがしっかりまわってキチンと走れれば変化しそう。

 

 なんにせよ開幕日が終わったばかり。就活や怪我でいない選手もおりますし、これからデビューする1年生もいるでしょう。明日以降も楽しみですね。怪我に気を付けて頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

 

氷見高校の安平

 

 安平と窪田すっげーな。とくに安平の視野の広さと肩周りの柔らかさ。兄もすげーけど弟これは楽しみな選手だわ。見てて面白いし。

 

 

www.youtube.com

 

まだ全部観てないけど。イヤ、ホントすごいよ。

 

 

【雑記】JAL安全啓発センター見学の感想

 

先日仕事の関係でJAL安全啓発センターに見学をしてきました。備忘録的メモです。

 

公式HPからの抜粋ですが、以下のような経緯で立ち上がった施設です。

 

1985年8月12日、JAL123便が御巣鷹の尾根に墜落し、520名の尊い命が失われてしまいました。その事故の悲惨さ、ご遺族の苦しみや悲しみ、社会に与えた航空安全に対する不信の前で、私たちは二度と事故を起こさないと誓いました。
事故の教訓を風化させてはならないという思いと、安全運航の重要性を再確認する場として、私たちは安全啓発センターを2006年4月24日に開設しました。

JALグループでは、この安全啓発センターを「安全の礎」とし、すべてのグループ社員がお客さまの尊い命と財産をお預かりしている重みを忘れることなく、社会に信頼いただける安全な運航を提供していくための原点としていきます。

**************************************************

JA8119 御巣鷹山事故(123便事故)

JAL123便JA8119号機は、1985年8月12日、乗客509名、乗員15名が搭乗して、18時12分大阪(伊丹)空港に向け羽田空港を離陸しました。
巡航高度24,000フィート(7,315メートル)に到達する直前、伊豆半島東岸に差しかかる18時24分35秒、同機に「ドーン」という音と共に飛行の継続に重大な影響を及ぼす異常事態が発生しました。
機体後部圧力隔壁が破壊して、客室内与圧空気が機体尾部に噴出し、APU(補助動力装置)及び機体後部を脱落させ、垂直尾翼の相当部分を破壊し、それに伴い動翼を動かす油圧装置が全て不作動となりました。
以後、同機は激しい上下・蛇行運動を繰り返しながら約32分間飛行を続けましたが、18時56分頃群馬県多野郡上野村の山中(標高1,565メートル、御巣鷹山南方の尾根)に墜落しました。
本事故の原因は、同機が事故の7年前(1978年)大阪空港着陸時に起こした尾部接触事故の修理に際し、ボーイング社により行なわれた後部圧力隔壁の上下接続作業の不具合にあり、7年間の飛行でその部分に多数の微小疲労亀裂が発生、次第に伸長し、この飛行で隔壁前後の差圧が大きくなった時点で亀裂同士が繋がり一気に破壊が進み、2ないし3平方メートルの開口部ができたものと推定されています。
運輸省航空事故調査報告書要約)
捜査・救難活動は事故後ただちに開始されましたが、人里離れた山中でもあり、墜落場所の確定も遅れ救難隊の現地到着は翌朝となりました。乗客、乗員524名のうち520名の方が亡くなられ、4名の方が重傷を負われながらも救出されました。

**********************************

 

事故の概要から実際の飛行経路やブラックボックスの音声、事故の原因となった修理ミスについて、事故機の残骸の各部の説明、様々な角度から123便がなぜ墜落したのかの説明がある。研修時間は約1時間20分で、その大半がここら辺で費やされる。

最後15分程自由に展示を見ることができたが、ぜんぜん時間が足りなかった。見学をしたJAL社員の決意の言葉や、資料室をみて、もういちど部品をみて、というわけには行かず残念。

 

 

感想。

これは社員や会社が事故の記憶を風化させないために遺族の声もあって作った施設だ、ということでした。

機体の仕組みやら、当時修理がどのように行われていたかや、墜落までの状態、事故後の改善点なんかは非常によくまとめられてて説明も確かにわかりやすかった。だが、じゃあこの事故からこういう安全に対する取り組みを行っています、今はこういう状態です、といった事故から学び現在どう取り組んでいるのかという部分がなくて残念。

 

人間は間違いをおこすもの、っていうことを前提に、どうやったらそれを防ぐことができるのか、あの事故から何を学んだのか、もっと普遍的なことを私は聞きたかった。

「命が第一。安全が第一。お客様を無事に目的地に届けることが第一。」こういう言葉を繰り返すだけでは、本当に大事なことは伝わらないんじゃないかな。

 

とはいっても、(平日限定ではあるが)無料で一般開放して、懇切丁寧な説明までしてくれるのだから、そういう点では立派だと思います。案内の方が言っていた3現主義(現場、現実、現物)、2.5人称の視点なんかにもっと説明があればなおよかったんだけど。。。

 

最後に安全憲章を。

 

安全運航は、JALグループの存立基盤であり、社会的責務です。
JALグループは安全確保の使命を果たすため、経営の強い意志と社員一人一人の自らの役割と責任の自覚のもと、知識と能力の限りを尽くして、一便一便の運航を確実に遂行していきます。

そのために私たちは以下のとおり行動します。

規則を遵守し、基本に忠実に業務を遂行します。
推測に頼らず、必ず確認をします。
情報は漏れなく直ちに正確に伝え、透明性を確保します。
問題、課題に迅速かつ的確に対応します。
常に問題意識を持ち、必要な変革に果敢に挑戦します。
「安全憲章」は一枚のカードにして、JALグループの全社員に配布しています。

 

 

【雑記】ITパスポート【資格試験】

 

久し振りの更新なのにハンドボールのことではありません。

仕事がクッソ忙しく、ぐうの音も出ない程です。そんな中資格試験を受けてきました。

 

受けた資格は「ITパスポート」です。このご時世パソコンのパの字も分からないというようではどんな業界にしても生きていくのは難しいと思います。私はそういう人間ではありませんよ、と証明するのがこの資格です。MOSExcelやwordを持っている方が実務的には使えるでしょうが、持っているとITに関して最低限のラインで常識がありますと胸を張れるでしょう。

文系の就活生なんかは持っているといいかもしれませんね。まぁはっきり言って今の私には全く必要のない資格です。が、仕事の評定に関わるために受けました。

 

試験概要

  • 試験は紙ではなくCBTと呼ばれるコンピューターで4択問題に回答する試験になります。
  • 120分、2時間の試験です。(きちんと勉強した人ほど余ります)
  • 全部で100問です。ストラテジー、マネジメント、テクノロジーの分野があります。
  • 合格点は60%以上の得点率で合格
  • 合格率は40~50%で合格のよう

結果

 総合点675 

 ストラテジ:650 マネジメント:775 テクノロジ:580

 

合格さえすれば点数はどうでもいいというやる気のなさだったので、目論見通り。ある程度理解すれば、あとは本番に問題じっくり読んで考えれば答えが絞れる問題落とさなければいけると踏んだので以下のような取り組みになりました。

ちなみに私は一般企業の普通免許しかもたないしがない事務職です。

 

総勉強時間:約15時間

勉強期間 :4か月

独学

 使用参考書 下記2冊 

  

 

柏木先生を理解せずに2週ほど読み、過去問集でH28春期を2回、H27春期を2回、H26秋季を1回を空き時間などにダラダラやりました。あとはスマホの無料アプリを隙間時間に少々。

このほかに役立ったと思うものは、以前趣味で読んだ以下の本です。 

1週間で CCNAの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

1週間で CCNAの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

 

 

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成28年度

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成28年度

 

 です。どちらも理解していませんが、目で追って満足したものですが、IT、PC関連知識の基礎を得るうえで役にたったと思います。

 

暗記すればだれでもとれるものだと思います。東京神奈川では毎週どこかの会場でやっていますので受けやすいですが、受けやすいがために試験に申し込むのが先送りしがちです。

 

来年度もなにかしら取得しなければならないので、頑張ります。

 

 

 

 

【漫画】徒然チルドレン 若林稔弥 

 

 久し振りの更新です。元気に風邪を引いたり仕事をしたりしていました。

 

 さて漫画を買ったのでその感想。

 『徒然チルドレン』 若林稔弥 

 

 めくるめく青春。甘酸っぱいのと切ないのと赤面が合わさってにやにやにやにやにやが止まらない漫画です。高校生活ってこうでなきゃって感じです。こんなご都合的に行かないでしょうけど、こんな風に女子と絡めていたら、きっととても充実した高校生活なんだろうなぁとオッサンになった今思います。

 

 個人的には皆川・古屋組と砂川・戸田組が大好物なので、この人らが出てきたときは嬉しいです。それにしても主人公であろう高野・菅原はいつくっつくんだろうか。高野さんが自分の恋心に気づいたり菅原君が勇気を出したりするのはもう見たから、さっさと幸せになって欲しいんだが…

 あとは生徒会長と梶さんが嬉しはずかしの初体験を済ませてくれればもう思い残すことはないよ。おもしろいと思えるうちに、この子たちはどういう体験をしていくんだろうって思えるうちに、終わらせてほしい。

 

不満といえば、6巻までしかよんでないんですけど、男キャラの書き分けがちょっと弱い。